ブログ

ドッグスベストという方法

こんばんわヤシロ歯科クリニックです^ – ^

ムシ歯の治療をするときは歯の神経を残したいと思いながらいつも治療しているのですが今回はドッグスベストセメントという治療法をつかいました
image一見ムシ歯なさそうですがimage銀歯をとると中でムシ歯が広がっていてimage私たち歯医者はむやみやたらにムシ歯をとるために歯を削っているわけではなく硬さやう蝕検知液というムシ歯が青や赤く染まる液を使用して取り残しがないように治療しているんですが、これ以上ムシ歯をとったら神経が露出してしまう手前までムシ歯をとってimageムシ歯が残った部分にドッグスベストセメントというムシ歯のばい菌の殺菌とムシ歯になった部分に栄養を与えるセメントを使いimage当日CRというプラスチックで歯の形につくりました

ドッグスベストセメントは全部のムシ歯に使えるわけではなく、ムシ歯を全部とった方がよい場合が多いですが、神経を残したい場合や条件があえば使ってみるのに値する治療法だと思います
以前ドッグスベストセメントは使用していて最近使ってなかったんですが、使用して経過がよい歯があったので最近また使ってます
神経をとった方がよい場合や他にも神経を残す治療法はあるので治療法の1つと考えてます
この歯も経過を追わないといけませんが、このまま経過良好になっていくと思います^ – ^

院長

 

ヤシロ歯科クリニック|ヤシロ歯科クリニック 下関 歯医者/歯科

日付:  カテゴリ:未分類