ブログ

カテゴリ: 未分類

患者さんもスタッフもうつさない

こんばんは
今回新たにクラスBというレベルの滅菌器といって治療後に使い終わった器具を殺菌する機械を導入しました

以前のブログでも書きましたが滅菌器と言って器具を殺菌する機械は

クラスN(中が空洞でなければ大丈夫)→クラスS(タービンといってむし歯を削る機械など中が空洞でもできるが限定される)→クラスB(包装されたものなどすべてのものができる)

の順で滅菌できるレベルが高くなり私たちのクリニックではすべてのクラスの滅菌器が揃ってます

開業当初から滅菌などの感染予防は取り組んでおり

ピンセットやミラー、リーマーといって歯の根の治療を行うものも使い捨てですが、滅菌して使わないといけないものはやはりあります

私たちのクリニックでは器具をまずB型肝炎、C型肝炎、HIVなどを含む可能性のある血液などのタンパク質を洗浄液と熱湯で洗浄する機械に入れることによって除去し、無毒化したものを

クラスS、クラスBの滅菌器でさらに完全にウィルスや細菌を殺菌した後にまた患者さんに使うようにしてます

洗浄機や滅菌器をちゃんとすることによって患者さんと患者さんの感染ももちろんですが患者さんと医療従事者の交差感染を防ぐことができます。
洗浄機やディスポーザルを増やすことによってさらに医療従事者の針刺し等を防ぐことができます

スタンダードプリコーションと言って全ての人が感染源になりうると考えてシステムをつくることが大事なんですが、やっと頭の中で描いていたシステムが完成しました

院長

 

 

下関 歯医者/歯科|ヤシロ歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

栄養をあたえる歯磨き粉

こんにちは
ホームケア商品の種類を増やしました

右側は大人や子ども用にフッ素を含んだむし歯予防や効果的な殺菌作用成分などを含んだ歯磨き粉やウガイ薬  予防の国スウェーデン製の歯ブラシ TePe やすごくよく歯垢がとれる フロアフロス 当たっていない毛先3㎜まで歯垢をとってくれる音波ブラシの大人用のソニケアと子どもようのソニケアキッズなど

左側は上から歯の成分のリンやカルシウムが主成分で歯磨きの後に塗ることで効果的に歯に栄養をあたえる MIペースト 

2段目と3段目はアパタイトといってエナメル質の主成分で、むし歯菌を吸着して歯の表面からとってくれて、食事のあとの歯の細かな酸で溶けた部分を埋めてくれて栄養をあたえてくれる子どもようの ピカキッズ と大人用の リナメル 
その下は、高齢者用の入れ歯の洗浄剤とブラシ、ウガイができない高齢者や乳児用の泡状のフッ素です

見やすいのと目にとまりやすくなるようにLEDのライトをつけました

夢かもしれませんが、この地域や遠くから通院してくれる患者さんのむし歯や歯周病を本気で減らしたいと思ってます

院長

 

 

下関 歯医者/歯科|ヤシロ歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

NiTiファイルと蛇柱

こんにちは

私たちのクリニックではNiTi(ニッケルチタン)ファイルという、歯の根の治療で使う器具を使用してます
昨日は、Webで22時からその研修通常のステンレスで出来たものも使いますが、こちらを主に使用してます特性として、ステンレスよりも複雑な歯の根の形に沿って曲がってくれるので正確で効率的な治療ができ、さらに新しい世代のNiTiファイルは折れにくいことがありますNiTiファイル自体も進化していて写真のように昔の世代のものはステンレスよりは曲がりやすいですが、今の世代のものはグニャグニャ曲がってより正確に曲がりくねった歯の根の中を治療してくれます

娘が好きな 鬼滅の刃の蛇柱 伊黒小芭内の刀みたいな感じです🙂治療の効率も良くなっていて

歯の神経を残念ながらとらないといけないケースで4本歯の根があったのですが、2回で歯の根の治療が終わりました

見えないところで歯の治療の技術も進化してます

院長

 

 

下関 歯医者/歯科|ヤシロ歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

インフルエンザ予防接種から考える

こんにちは

今日スタッフ全員とインフルエンザの予防接種受けました
3年前から毎年冬になる前に予防接種を接種してます

今年の特別な条件としてはコロナウィルスの感染のこともあり今までと違った予防接種の意味があるのかなとは思います

今まではスタッフの健康を考えて予防接種を受けていたのですが、コロナにより社会が感染症の意識が高くなり考えると予防接種をすることによって患者さんへの二次的三次的感染防げるのではないかと思います

私たちのクリニックでは入社時にB型肝炎のワクチンも必ず予防摂取しております

スタッフのことを考える事は来てくれている患者さんのことを考える意味もあるのではないかと最近思っています

院長

 

 

下関 歯医者/歯科|ヤシロ歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

Social ネットワークキング さーびす で学ぶ

こんばんは

SNSでいくつかグループに入っていて歯科に関係あるグループにもいくつか入ってます

最近の自分のよく考えていることは、う蝕(むし歯)なんですが予防するにはどうしたらよいか?をよく考えています

自分の最近のう蝕への考え方は

①セルフケア(自宅での歯磨きなどのケアと歯医者で 
       の検診や歯石除去やクリーニング)

②食事はどんなものを食べるか?どんな好みがあるか?
 間食はどんなものを食べるか?いつ食べるか?

が大事じゃないかと思うのですが、SNSのグループでも同じように言っていて

箸を共有しないなどで、むし歯菌感染を防ぐことなど、それも確かに効果あるかもしれないが、ミュータンス菌(むし歯菌)はそもそも糖がなければ病原性を発揮しないからそっちのコントロールが大事なんじゃない?

と言っている歯科医もいて、私もその考えに共感するところがあります

SNSの間違った使い方をして人を傷つける悲しいニュースがあったりしますが、こういう風に全然知らない人の考え方を知ったり、共感したりして正しく使えば人と人をつないで遠くのまったく知らない人たちの健康を維持したり、幸せにできたりするんじゃないかと思います

院長

 

 

下関 歯医者/歯科|ヤシロ歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

保険治療で骨の再生

こんにちわ

先日、保険治療で歯周病などで歯の周りの骨を失ったときに使用できるリグロスという製品を使って治療をしました3年ぐらい前に保険治療でも適応になってましたが、信頼性はどうかなと思っていたので使用していませんでした

以前から自由診療ではエムドゲインという材料がありましたが、保険治療でも受けられることによってより多くの患者さんへの歯周組織再生の選択肢ができます

レントゲンなど必要あれば撮影して予後を観察していこうと思います

院長

 

 

下関 歯医者/歯科|ヤシロ歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

すごく広がって汚れが取れるフロス

(さらに…)

 

 

下関 歯医者/歯科|ヤシロ歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

夏の自由研究 題名 歯

こんにちは
歯の神経をとったあとの根の治療ですが、実はすごく難しいです。理由は上の写真のように歯の根のなかはかなり複雑でいりくんでいるため感染源を除去することが困難なためです

歯の根の中の洗浄が大事なのですが、私たちのクリニックでは、感染源を除去する際に従来の次亜塩素酸水に加えて超音波でも洗浄してます

今回は本当に効果あるのかな?と実験しましたまず歯の根の模型に感染源とみたてた着色剤を入れて洗浄剤だけで洗浄してみます結果着色剤は全部取れず

今度は洗浄剤に加えて超音波器具を使用して洗浄

IMG_3057
プラスチックの柔軟性のある素材で爪にあててみましたが削れず歯も削ることはありません結果、着色はすべてとれました

歯の根の治療は歯の保存のために大事な治療です

私たちのクリニックでは、様々な器具を使って歯の保存に努めてます

院長

 

 

下関 歯医者/歯科|ヤシロ歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

専用のプラスチック

あまり削らないコンポジットレジンという治療があるのですが、最近うまくなりたくて勉強しなおしてます

最近行った治療で、自費の治療ですがコンポジットレジンで1日でここまでの治療が可能になりました
ラバーダムという歯の周囲に細菌や唾液をいれないゴムをつけて、銀歯とむし歯をとってエッチングという材料を使って、より接着剤がつきやすいように処理をして自費用のプラスチックをいれて専用の器具でより歯に近いように形をつくり、専用の着色剤を使用して歯の個性を再現して、よく研磨してツヤをだして完成

これでも充分綺麗だと思いますが、もうちょっと上手くなるように頑張っていきます

院長

 

 

下関 歯医者/歯科|ヤシロ歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

予防的な歯並びの改善

こんにちは

私たちのクリニックでは、治療のタイミングをみて早めに必要であれば予防的にプレオルソというマウスピースの矯正の治療をします

上顎は10〜11歳には発達が終わるためそれまでにプレオルソを使用することによって歯並びだけでなく、上顎や下顎の骨に対するアプローチと本来の発達になるための手助けができます

歯並びが悪くなることは遺伝が原因の一つですが、食事や口呼吸や口の癖などによるものも原因でそういったものを改善して予防的に早期に改善ができる可能性があります

上顎がでている用、下顎がでている用、開口といって口が閉じない用があり、そのほかスキマがなくて歯が並ばない場合も有効です

写真は受け口を治療するために下顎がでている用のプレオルソを最初使用して、その後口が閉じない用のプレオルソを使用しました

早期に治療をしても改善がすべてできるわけではありませんが、改善できる可能性があり改善がすべてできなくても将来的な抜歯して矯正する成人の矯正を防いだり、歯並びの悪くなることを軽減して、治療の重症度を軽減する可能性があります

歯並びは遺伝だけでなく、発達不全によるものもあるため発達を手助けすることによって改善できることがあると思ってます

院長

 

 

下関 歯医者/歯科|ヤシロ歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類